テレビアンテナの配線工事を始めとした電気工事の細かい話

新築を火だるまにしないために

一般家庭の配線工事とは

ここでは、電気工事の中でも頻度が多い配線工事の基礎知識を紹介していきましょう。配線工事は電気を使うために最も必要となる工事の一つです。

配線工事の種類

  • 単相2線式配線
  • 単相3線式配線

単相3線式配線では注意が必要

アンテナ工事

配線工事の一種である単相3線式配線は単相2線式配線よりも多くの電気機器が使える便利な配線工事です。しかし、何らかの拍子で中性線が切れると配線の電圧バランスが崩れ、過剰な電圧が電気機器に加わり、その結果故障することもあります。よって、単相3線式配線の工事を行なう際は中性線が壊れても保護できる機能がついている漏電遮断器の導入が推奨されています。

電気工事には設計図が必須

現在、豊かな生活をおくるためには電気設備は必須といえます。そのため、家のリフォームもしくは新築を建てるときはきちんと計画を立てて電気設備の導入を行いましょう。電気工事士は、そういった人の希望を聞き、トラブルの発生を防ぐために設計図を書いて準備します。

配線工事は設計図を見ながら安全を確保しつつ行ないます。(30代/電気工事士)

配線工事を行なう際は、まず計画を立てておかなければ見た目や安全性などに関し、様々なトラブルのもととなります。よって、予め設計図を書いて配線設計を行い、配線工事を行なってもトラブルが発生しないようにします。

設計図のおかげでミスを防ぎ、トラブルを防止することができます。(40代/電気工事士)

電気工事での配線ミスは火災や感電など建物はおろか人命にも関わる大惨事が発生する可能性を秘めています。そのため、そういった事故のリスクを限りなく0にするために設計図を作るのです。設計図で確認しながら配線工事を行なうことで配線ミスを防ぎ、トラブルを無くします。

TOPボタン